銀行とお友達になろう!

秋田銀行の魅力

秋田銀行の歴史

秋田県には秋田銀行という地方銀行があります。秋田銀行は、秋田県内の多くの自治体が指定金融機関としているほど大きな影響力を持つ銀行です。秋田県で暮らす機会があるなら秋田銀行の口座を開設しておいて損はないでしょう。

秋田銀行は、1879年(明治12)に日本国内で48番目の国立銀行として設立された第四十八国立銀行と、別の銀行の秋田支店が廃止された受け皿として1896年(明治29年)にできた旧秋田銀行、その翌年秋田県湯沢市にできた湯沢銀行の3行が1941年(昭和16年)に合併してできた銀行です。古い歴史がある分、営業基盤がしっかり整っているので営業力は絶大で、その後もいくつか他の金融機関と合併し企業として大きく成長してきました。

現在は秋田県内の企業の中では上位に位置するほどの規模の会社になっています。秋田銀行のシンボルマークはワインレッドのような深い赤い色の円の右側に2本の弧が描かれているデザインになっているのですが、これは秋田銀行の頭文字「a」を表現すると共に円は秋田銀行、その横の2本の弧は株主や地域のお客様など秋田銀行を支えてくれる地域の人々を意味し、秋田銀行の経営理念である「地域共栄(地域とともに歩み、地域の発展とともに栄える)」を象徴しているそうです。

また、全体を見ると秋田銀行と地域の人々の輪が広がっているように見え、秋田銀行の目指している理想の銀行像が伝わってくるような感じがします。秋田銀行は「秋銀」の愛称で親しまれており、秋田県内にある秋田銀行の看板にはひらがなで「あきぎん」と記載されています。しかし、県外にある看板には漢字で「秋田銀行」と表記されています。これは意識して見なければ気づかないことですが、漢字とひらがなとでは全然印象が違いますよね。秋田銀行では秋田県内の利用者に親しみを持ってもらうようにこのような工夫までしているのです。こういった細やかな気遣いが地元住民から信頼される理由の一つです。