銀行とお友達になろう!

秋田銀行の魅力

秋田銀行の社会貢献活動

秋田県と言えばなまはげやきりたんぽが有名ですが、秋田県には美人が多いことで知られています。博多・京都と並んで日本三大美人と呼ばれ「秋田美人」という言葉まであるくらいですからその都市伝説は本当なのでしょう。確かに、秋田県出身の芸能人を挙げると誰もが美しい顔立ちをしています。秋田美人が生まれる理由は、日照時間の短さや睡眠時間の長さなどいろいろあるそうですが、秋田県に来れば美人になれるヒントが得られそうな気もしますし、美人な女性とお近づきになりたい男性も多いことでしょう。

秋田県に来たくなるような楽しみはそれだけではなく、抱返り渓谷・男鹿水族館・千秋公園といった観光名所もたくさんあります。豊かな自然と昔ながらの風景を見ると忘れかけていた日本人の心を思い出すことができるのではないでしょうか。秋田銀行では、この美しい地元の環境を守りいつも親切にして頂いている地域の皆様を支えるため、様々な活動をしています。

例えば、環境に配慮して電気自動車やハイブリットカーを営業車として使ったり、植林活動なども行っています。また、「『小さな親切』運動」という活動を昭和38年からずっと続けていて、地域の清掃活動や車いすの寄贈などをしている他、秋田銀行には「あきぎん吹奏楽団」がありチャリティを目的として定期的に演奏会をしています。これらの取り組みは何十年も前から行われているので、秋田銀行の地元に対する貢献の気持ちが伝わってきます。

それだけではなく、金融に関する知識を持ってもらうために学校で金融経済に関する授業を行ったり、銀行見学やイベントなどを開催して楽しみながら学べる機会を増やしています。銀行というと堅苦しくて入りづらい印象がありますが、こういった取り組みをきっかけに銀行について知ってもらい興味を持ってもらえればもっと利用しやすくなると思いますし、若い頃に金融について理解をしておけば将来お金に対して真剣に向き合うことができるでしょう。