銀行とお友達になろう!

沖縄銀行を知ろう

沖縄銀行と他の銀行との関係

前記したとおり、沖縄県では沖縄銀行と琉球銀行が県の指定金融機関にされています。ですから、沖縄県で暮らすことになったとき、ガスや水道などの光熱費はほとんどの場合がどちらかの口座に振り込むことになります。それなら、どちらかの銀行で口座を持っておいた方が便利だろうと考えますよね。沖縄銀行も琉球銀行も、歴史があり経営基盤のしっかりした銀行なのでどちらを選べば良いか迷うと思いますが、ATMの利用条件やオンラインバンキングの利用状況からは琉球銀行の方が高評価を得ています。

もちろん、金融商品などのサービスでは沖縄銀行も負けず劣らず良い品を揃えているのでどちらを選んでも損はないでしょう。家から近い、ATMの利用回数が多い、お得な金融商品を利用したい、など人によって銀行の利用目的は違うのでホームページなどで目的に合わせて比較検討してみると良いでしょう。このように書くと沖縄銀行と琉球銀行はライバル同士のように感じますが、ライバルというよりお互いに切磋琢磨して沖縄県全体を盛り上げている存在といえます。

ですから、利用する方もどちらか一方を選ぶのではなく沖縄銀行と琉球銀行の両方を利用してみるのも便利で良いのではないでしょうか。それから、沖縄県には沖縄海邦銀行とゆうちょ銀行、みずほ銀行の3行があるほか、JAバンクや信用金庫などの各金融機関も存在します。みずほ銀行以外の都市銀行や沖縄県以外の地方銀行が沖縄県に進出してこないのは、沖縄県の経済環境が支店を開設するほどの規模になっていないためといわれています。

みずほ銀行が支店を開設しているのは、みずほ銀行が宝くじを扱っていて各都道府県に支店を設置する義務があるからです。沖縄県に住む人だけ宝くじを買うことができなかったら不公平ですからね。とはいえ、沖縄県には離島がいくつもあり、中には金融機関が全く無いところもあります。旅行などで出かける際は、急な出費に備えて余分にお金を用意しておいた方が安心です。