銀行とお友達になろう!

地方銀行と地元

地方銀行と都市銀行

地方銀行と同じく銀行の一種であり、地方銀行とは異なる立場にあるのが都市銀行です。都市銀行は普通銀行の一種ですが、東京や大阪など大都市に本店を置き、全国的に経営展開しているという特徴があります。しかし地方銀行のように確実な基準があるわけではなく、その基準は曖昧です。しかし一般に都市銀行と呼ばれる銀行は4行、場合によっては5行しかありません。

現在都市銀行に数えられるのが三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行です。場合によっては埼玉りそな銀行が加えられることもあります。これらの都市銀行は東京か大阪(埼玉りそな銀行は埼玉県)に本店を置き、全国に数百の支店を持っています。このように全国的に経営を展開しているのが都市銀行であり、地方銀行よりも多くの人が利用しています。

しかし地方銀行と都市銀行の違いは、経営の規模ばかりではありません。都市銀行は全国的に支店を展開しているため日本のどこに住んでいても利用することができるというメリットがあります。資金の規模も大きいため、同じく全国的に活動する大手企業なども利用することができます。地方銀行は資金の規模はもちろん、地産地消という考えも強いため、大手企業よりは地元に拠点を置く中小企業が主な取引先となっているのです。

このようにそれぞれが異なるメリットや特徴を持っているため、地方銀行と都市銀行を合わせた複数の銀行に口座を持っているという人も少なくありません。どちらの銀行にも口座を持つことで、お互いのメリットを両方享受することができるのです。しかし地方銀行は引っ越したりすることでメリットが少なくなってしまうので、ライフスタイルに合わせることも大切です。