銀行とお友達になろう!

地方銀行と地元

主な地方銀行

地方銀行の中でも規模の違いなどがあります。福岡銀行などは発足当時地方銀行として最大手であり、現在でも福岡市に本店を置き、全国の地方銀行のなかでも最も力のある銀行の一つです。一時期は福岡県の炭鉱産業が衰退したため低迷していましたが、現在はふくおかフィナンシャルグループを設立し、多くの資産と従業員を擁しています。黒川紀章設計の本店も人気があります。

京都銀行は京都市に本店を置く地方銀行で、京都府指定金融機関となっています。地元企業を含む多くの企業と取引しており、中には全国的に名前が知られている大企業も少なくありません。近年は京都府と隣接する奈良県や大阪府、滋賀県などに支店を設置して規模の拡大を図っており、周辺銀行と積極的に競争しています。

日本最大の地方銀行は、神奈川県横浜市に本店のある横浜銀行です。最大規模を誇る理由は総資産額で、長い間ランキング一位を独走しています。神奈川県内の多くの市町村の指定金融機関になっており、近隣の東京都はもちろん愛知県や大阪府にまっで支店を置いています。戦前の合併と戦後の復興で一気に規模を拡大し、国庫金の代理店業務を行うなどもしています。

総資産第二位の座にいるのが千葉銀行です。千葉県内に多くの支店を持つ市町村の指定金融機関であると同時に、日経平均株価の銘柄の一つでもあります。そのため地方銀行では珍しくアメリカやイギリスなど海外の支店や事務所を持っています。さらに総資産だけでなく年金保険や投資信託の販売および残高でも地方銀行トップクラスの実績があります。