銀行とお友達になろう!

名古屋銀行の利用と経営

名古屋銀行の行員教育

金融機関はセミナーや講習など、就職した後の勉強やスキルアップが多い業界です。そのため激務と思われることも多いですが、お金という世の中になくてはならないものを扱う以上、行員のレベルアップは最重要項目です。実際に行員が横領などの罪で起訴されることも多々あり、定期的に財務省など国の機関が健全な経営をおこなえているかどうかをチェックするなど、厳しい管理が欠かせません。

銀行の行員教育は様々です。グループで指導する銀行やマンツーマンで指導する銀行、銀行で独自に教育機関を設置しているところもあります。名古屋銀行の行員教育は基本的にオーソドックスなタイプですが、1年目から10年目以降までスケジュールがはっきりしているため、将来設計を立てやすくなっています。さらに研修の種類も融資・渉外・店頭・その他と明確に分かれていて無駄のない研修内容です。

将来設計を立てやすいのは、名古屋銀行が非常に流動的な人事制度を取り入れているためです。ある程度経験と研修を重ねてから自分で職務を選ぶことができるのです。そのためマンツーマンで面接して人事に役立てるカウンセリング制度があります。このように人事が流動的だとレベルが下がるリスクがありますが、成績優秀な行員にはさらにワンランク上の研修機会が与えられてエリート教育も充実しています。こういったハイレベルな教育は2年目から受けられるので、年功序列の空気が薄い銀行とも言えます。

しかしこういった銀行の行員教育で心配なのが、資格取得のコストや休みが減ることです。よりキャリアアップを目指すなら有利な資格を取得したり、土曜のセミナーや講習会に参加する必要があります。しかし名古屋銀行は自己啓発奨励金の支給をおこない行員に金銭的負担がかかりにくいようになっており、土曜のセミナーも任意です。もちろん任意とはいえ行かない場合のリスクも自分に返ってきますが、あくまでも自分で職務やレベルを選べるシステムになっています。